人生を楽しもう

男なら人生を楽しみましょう。

男性がセックスにおいて抱いている疑念
ずいぶん他人にいい難い話なだけに、根深いセックスの悩み。女性のみならず、男性にも、シリアスな悩みはあります。

お互いに喜び、愛を深めるセックスが可能なよう、ナイーブなオトコ心を想像してみます。

男性はどんな部分で後悔しているのか

WEBの調べでは、 セックスにおいては男性が抱えている疑念として、以下の悩みがほとんどです。

・別の男性とは違って「早い」かもしれないと不安。
・ペニスのサイズが小さいのでは?と不安。
・パートナーが、気持ちいいフリ(演技)をしてくれているのでは。
・パートナーを心地良くさせられているか、という不安。

男性のケースでは、とくに「パートナーを喜ばせたか」「幸福感を与えたか」といったポイントに、主要な重圧を感じています。

その懸念が理由で、セックス自体がおっくうになってしまうといった男性が多くいます。

これは一体どういう理由なのでしょうか。

男性はプライドが強い

「男においては、プライドは命と同様に重要」などという言葉を何回も聞きます。どういう理由でそれほどこだわるのでしょう。

プライドは、「自尊心」であり、心理学では、あなただけの値打ちを見いだして、あなたを尊重する気持ちをいいます。

この「自尊心」は、幼少期につくられ、成長するまで繋がると考えられます。

女性は子供のころから、母親の応援をしていた、といった人が普通ですよね。

「アドバイスを貰う」「怒られながらマスターする」「成就して褒められる」といったチャレンジを積んで、人の役にたつことを、おのずと支持します。

一方、男性は一家の内からそのようにわずかの達成経験を積むチャンスを逃してくれていることがあります。

子供のころから、「男であるから」といわれて育った男性は、「男性という形で」の自身にこだわりをもっています。

とは言っても、果たして「誰か(とくに母親)の役にたった」といった実感を得られないまま、大人になる人もたくさんいるのです。

ですので、心理学的にみると、男性は「あなた自身を信用してほしい」「異性を喜ばせたい」といった願望が、女性を越える気質が存在するようです。

パートナーを喜ばせられないかも、といった疑念は、男性に関しては「自尊心」を守ることに加えで、絶大なる障害と言われるものですね。

男がうれしいセックス

男性の自尊心は、「女性を充実させることができたか」といった箇所にかかっている・・・
という事実は、ノウハウのある女子より、「独自のセックスを心底喜んでくれる女子」を目論む男性が多いと言えるのではないでしょうか。

女子とは異なり、男性は言葉に関してのキャッチボールを苦手とする人が多過ぎるといわれています。

そのため、実行でターゲットを喜ばさせたいという気質が有力ですね。

ちょっとしたことでも「あなた自身を喜ばせたい」とトライをする彼を見つめ、その気持ちを絶対に評価する。

その分だけで、男性は主要な幸福をエンジョイすることができる。

セックスのとき、対象にどう推定されているのか、といった懸念を抱えているのは、女子ばかりでは足りないんですね。

対象の立場を思考しながら、お互いのココロを満たしあえる関係と言われるのにも、男性心理の真似をしてみてはいかがでしょうか。

男性の性の悩み(勃起力、精力、持続力の向上)も注目してはいかがでしょうか?